日本 代表 ユニフォーム サッカー 迷彩

Elegant Explosive Abstract Background以降、1970年代の数シーズンで黄色のソックスを採用されたり、80年代後半に全身青のデザインを採用したのを挟んで、現在のデザインが使用され続けている。最後までお読みいただきありがとうございました。 シーズンを通じCL争いに加わりFAカップでも初優勝を果たすが、最終盤でまたも失速しCL出場権を逃した。 シャツ全体をギザギザとチェック柄で表現し、NIKEロゴや脇部のラインに黄色のラインを差した。 そこでチェルシーはホーム用の青のシャツを着用して、さらにパンツとソックスの色を逆転したモデルを用意した。

ホームは伝統の青地で、全身デザインは2シーズンぶりに「青×白×青」に戻った。数々の名手たちがまとってきた日本代表の青い戦闘服。 サッカー日本代表ユニフォームを迷彩柄に決めたのは誰? シャツ前部には迷彩の透かしが加えられているのが特徴。 ブロックチェックと思わせる透かしをシャツ前部に備えており、爽やかさをイメージしている。白地に赤のアクセントを袖口や襟周りに採用することが多いセビージャだが、今シーズンは胴部に表現し、しかも全体に描いたのは珍しいケースである。

アウェイは全身黒で、破線ストライプがシャツ前面に描かれた未来的なデザイン。 ロゴの「100」のデザインは、「過去への感謝」の気持ちと「未来への決意」とが結びつき、強い結束を表現したものです。今冬開催のクラブW杯は日本が開催権を返上し、来日は幻に。 ソックスはここ数年白が採用されることが多かったが、今シーズンは臙脂のみが使用される予定。

チェルシーのユニフォームは当時、ホーム用は青のシャツとソックスに白のソックスを、アウェイ用は赤のシャツに白のパンツとソックスを採用していた。 90年代を思わせるような非常に派手なデザインで、ギザギザとチェックを同時に採用するところからも強い個性を感じる。 2011年スペインのチーム、サラゴサの監督時代、リーガエスパニョーラ1部残留を賭けた最終節の試合で対戦相手のレバンテが低調なプレーに終始していたことから、アギーレ監督が八百長に関与していたとしてスペイン検察反汚職局から告発され、大きな波紋を起こして契約解除となりました。

この試合では0-2で敗れたが、1964-65シーズンからは通年で「青×青×白」デザインが使用されるようになった(なおこのシーズンではイングランド史上初めてパンツ番号を採用したシーズンでもある)。 なお青も水色も同じ水色系統で稀に視認性を巡って問題になる(シティ対チェルシー等)が、カラーユニバーサルデザイン的観点では(少なくともレスターの場合は)問題ない。