日本 代表 サッカー ユニフォーム 迷彩

落ち着いた青色の中にある赤いパネル形が印象的ですよね。 アウエイは白色。 1998年、三浦知良、中山雅史らに加え、城彰二、呂比須ワグナー、岡野雅行、中田英寿というメンバーで臨み、悲願の本戦出場を果たした「ジョホールバルの歓喜」。 より濃いブルーになり、濃紺には「経験」と「挑戦」を象徴していると言われています。