日本 ユニフォーム 2018

東京五輪でも着用!サッカー日本代表2020公式ユニフォーム販売 ...

迷彩模様のようなグラフィックは、日本伝統の浮世絵から着想を得た。私の個人的な感想であるが、アルゼンチンでも 「2チームの色が近い」 と思うダービー・マッチが2例ある。 1988年から1991年の赤い日本代表ユニフォームは、過去の日本代表ユニフォームの中で不人気ナンバーワンだ。参考に日本代表と同じadidasがスポンサーとなっている各国代表の新しいユニフォームを見ていきましょう。  ホッケー日本代表のユニフォームもミズノが提供。

濃度の異なる青が折り重なりつつ、全体のトーンは歴代のデザインのなかでもかなり明るい。本来の役割は全体を引き締めるアクセントなのだろうがが、これが目を引くのだ。 ユニフォーム本来の機能も、もちろん追求されている。一方で青のアクセントは2010-11以来だが、このシーズンは無冠でありあまり縁起が良くない気が。一人ひとりの選手やサポーターが見てきた空がひとつにつながり、雲ひとつない最高の青空──日本晴れに向かっていく。

サッカー日本代表の青色のユニフォームの理由は後付けで諸説ありますが、たくさんの想いや期待、メッセージが込められています。 アディダスジャパンでは「アートとフットボールの融合」をユニフォームに落とし込んでおり、同社がオフィシャルサプライヤーを務める各国代表のユニフォームに、その国ならではのアートが反映されていくという。

1930年当時の日本代表チームが東京帝国大学のメンバーが中心だったため、そのサッカー部のユニフォームの青を採用したことや、ほかにも日本の国土を象徴する海と空の青のイメージからなど。日本を象徴するという意味で、富士山をかたどってみようとか、鷹をあしらってみようとか。 なぜ、日本人はそこの意識がないのだろうか?個人的にも、天気が良いとすごく気持ちが上がります。 アディダス最高峰のクーリングテクノロジーで、通気性と除熱性に優れる。 とくにアディダスの3本線が白ではなく赤という部分が珍しく、気に入っています。

「非常に印象的で驚きました! なお伝統的に緑を使用しているサッスオーロは例外として適用されないとのこと。迷彩柄を採用したのはコンセプトは何でしょうか? レプリカユニフォームは、生地素材に「エアロレディ」を採用した。 ホームは伝統の黄色地に黒のアクセント。 ソフトで吸湿性に優れた生地で、ドライな着心地をキープする。