日本 サッカー ユニフォーム 2019

監督が代わるたびに、監督の名前を使用して○○ジャパン(ザックジャパンや森保ジャパンなど)と呼ばれるので、サムライブルーはあまり使用されていないような気もしますね。監督がコロコロ代わるせいもあるかもしれませんが、国際大会で活躍することでサムライブルーが定着してくるのではないでしょうか。 なんと「旭日旗を連想させるデザイン」としてインターネット上で物議をかもし、さらに国会議員が言及するまでに至ったというのだ。 サッカー日本代表のユニフォームに描かれた『カラス』の正体は、結論から言うと【八咫烏(ヤタガラス)】という空想上の生物です。