日本 サッカー ユニフォーム 鳥

試合時に着用するものはチームで色を統一する必要がありますが、練習時には自分の好きなものを着用できます。試合以外の練習では、ラバー性の凹凸が付いたサッカー用のトレーニングシューズを着用するのが一般的で、体が発達段階の小学生や中学生はもちろん、大人でも、サッカーの練習時はトレーニングシューズを着用するのがおすすめです。一体誰がデザインされたのでしょうか?

試合時に着用することはできませんが、移動時やウォーミングアップ時、練習には活躍するアイテムです。 プレー中の気分を高めたり、練習に対するモチベーションを上げたり、楽しくプレーをするためには、デザイン性も大事なポイントとなります。自分ができることを90分間プレーで見せる」との決意と希望が、胸に広がっていくそうだ。 スリーボタンのポロシャツ型のクラシックスタイルを採用し、胸元には1936年のユニフォームにインスパイアされたビッグサイズの日本国旗を刺繍で表現している。

日本代表のユニフォームは青ベースだが、国旗カラーの赤も歴代のユニフォームでどかに取り入れている。日本代表がピッチ上で円陣を組んだときに、赤い線が一つの円を描くようにデザインされたもので、前モデルと同様に「結束」を意味するのだという。蛍光レッドで背中に毛筆タッチで描かれた一本線は、試合前に円陣を組んだ際にひとつの大きな輪となるようにデザインされている。