日本代表 サッカー ユニフォーム 背番号10

初戦カメルーン戦、本田の決勝点を守り抜いて海外W杯における初勝利を挙げると、オランダには最小失点で切り抜け、決戦となったデンマーク戦では本田、遠藤のFKが炸裂、さらに後半岡崎が追加点をあげ3-1で勝利し、見事グループ2位で決勝トーナメントに進んだ。決勝では延長の末、李忠成の決勝ゴールで見事優勝を飾った。 その後はトルシエ監督がU-20、U-23チームの監督を兼務し、ナイジェリアワールドユース99やシドニー五輪の活動に比重が置かれたため、フル代表としては、00年10月のアジアカップを圧倒的な強さで優勝したのがハイライトであった。

特色である攻撃的サッカーを爆発させてAFCアジアカップを制すると、ブラジルW杯アジア最終予選も世界最速で1位通過を決め、日本のファンからは大きな賞賛と期待を集めました。我らが日本代表といえば、ショートパスを主体とした組織の連動性で攻撃サッカーを展開するチームです。 2012年のロンドンオリンピック限定で製作された日本代表のアウェイユニフォームです。 コンセプトは「日本魂」。

伝統的にアウェイのユニフォームには白をベースにしたカラーを採用してきた日本代表。日本代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説!加茂監督解任、岡田監督昇格という荒療治を乗り越え、本大会初出場を果たしたモデル。 W杯出場をまさかの形で逃したあの日、アジアを制したあの日、そして現在…ユニフォームは常に彼らがたどってきた歴史とともにある。

選出理由としては、ディープブルーのシンプルで重厚感のある色味に、赤の一本線のアクセントが施されている、シンプルであり、かつ、熱い気持ちを感じられるデザインのかっこよさです。 のはずでしたが、2014年にadidasが発表したアウェイユニフォームのカラーには、日本のサッカーファンだけでなく、世界中のサッカーファンが仰天しました。名波、中村を中心としたチームは、今もなお「歴代アジア最強チーム」の呼び声が高い。

また、なでしこジャパンおよびフットサル日本代表の新ホームユニフォームも同時に発表し、襟元のカラーがSAMURAI BLUEとは色が異なります。日本代表を牽引するカリスマミッドフィルダー。高いテクニックはもちろん卓越した肉体の強さを持ち、日本人選手としては珍しくほとんど当たり負けをしません。特別な体格も圧倒的なテクニックを持たない彼が現在の日本でナンバーワンのストライカーである理由は、チャンスを作り続ける努力と、来たチャンスを逃さない覚悟と勇気を持ち続けているからでしょう。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。