日本代表 サッカー ユニフォーム 正規品

非常に優れた戦術眼と危機察知能力を持ち、的確なポジショニングとボール奪取能力で危険な芽をことごとく摘み取ります。 その他新全試合などでも13回しか着用されていなく、また通常2年間モデルチェンジをしない中、2001年モデルは1年間のみの着用となった、少しレアなモデルとなっています。 コンフェデレーションズカップ2013着用モデル。

自国開催、2002FIFAワールドカップ日韓大会で着用されたユニフォームです。白をベースにアクセントとして赤が入るとまるで日本国旗のようで、「これぞ日本! スペイン代表やポルトガル代表、ロシア代表などの各国代表や、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、リバプールなどの世界的クラブがこぞって赤を使いたがる理由が分かりますね。

その後、日本代表監督に就任するとスピードと連動性に優れた攻撃的サッカーを掲げブラジルW杯に挑みました。 サムライブルーと称される青いユニフォームも印象的ですね。 2014-15年の日本代表ユニフォームも伝統にのっとって青系統のカラーではあるのですが、随所に散りばめられた蛍光レッドのラインが異彩を放つ、斬新な印象のデザインに仕上がっています。迷彩柄と言えば戦闘時に着用するデザインとして浸透していますが、コンセプトは「空」。