サッカー ユニフォーム 日本 代表

制服・体操服・上靴・体育館シューズ・カバンの販売について ... 11人の選手の個性を表す11本のグラデーションブルーが特徴的なユニフォームです。近年まではパスの技術を重要視し、細かく正確なショートパスをつなぐスタイルで相手の陣形を崩したり、中盤の選手による芸術的なスルーパスからゴールを奪うという特徴があった日本代表。 サプライヤーからコンセプトの提案を頂いて、それをベースに議論したり、関係各所にヒアリングしたりして進めていきます。

これはアトレティコがアスレティックのマドリード支部として設立されたものであり、関係が切れた現在でも赤白縦縞のデザインが使い続けられている(ただし下半身の配色は両クラブで異なる)。視認性関連の規定が厳しくなっていく中、果たしてフルシーズンでこの配色が使われるのだろうか。 なおアウェイでホーム用のシャツを着用するときは視認性確保のため、赤のソックスが採用されることがある。

視認性対策のため、例年通り赤のパンツやソックスも用意しているかと。 そしてマドリーでは毎年変わるアクセントカラーだが、今シーズンは青とオレンジを採用。 その歴史を何年も積み重ねて行っているのである。 アウェイはホームの色違いで、こちらは全身赤地となっている。青と黄色はレッドブルカラー(レッドブルの缶デザインに加え、レーシングカーなどでも採用)に由来し、赤はもちろんクラブカラーを由来としている。白ホーム、赤アウェイから漂う謎のブンデス臭。

アトレティコの赤白縦縞は同国の古豪であるアスレティック・ビルバオに由来する。 なおアスレティックが採用した赤白縦縞自体も、イングランドのサウサンプトンから着想を得たものと言われている(異説あり?体育の日のイベントは東京で! シャツ全体やソックスにはマドリードのストリートアートに触発された模様を全面に描いている。 またエンブレムは虹色でコーティングされており、多様性を表現している。

3rdは全身紺色地にロゴ類をピンクで統一している。 ホームユニのアクセントをアウェイユニの地色として採用するのはマドリーのお家芸。 1年半にわたる南アフリカW杯予選で着用された。 これは2014年のブラジルW杯でも着用されるものだ。 ちなみにオリンピックで着用するユニフォームでは、レギュレーションによりエンブレムは付いていません。  新ユニフォームは今週末16日の国際親善試合オランダ戦から着用される予定。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。